これはおいしい株だ!と思って手を出してしまいその株が仕手株だったということもあります。株価の急騰や急落の激しい株なのでリスクがあります。うまく上昇の仕手株を掴めば儲けることもできるでしょうがリスクが大きいのでしっかり考えましょう。

仕手株、オリエンタルランド分割、萩原電気について

仕手株として情報提供されている銘柄の多くは、同時に魅力的な銘柄でもあります。そのため仕手株の情報を生かすことで成功する投資に近づけることができます。そもそも仕手株は仕手と呼ばれる集団が大量の資金を使って投資を行い株価を動かすとされているものですが、仕手集団が単独で株価を動かしても利益を確定することはできません。つまり、集団以外の投資家を巻き込む必要があり、それは同時に多くの人がその銘柄に注目するということになります。注目される銘柄は、実績さえ伴っていれば安定的に上昇するため利益を生み出すことができます。

仕手株が注目するものとしては、単に扱いやすい銘柄だけでなく株式分割したり株価が下落したりする銘柄も対象となります。株式分割は、株価が高くなった場合に行なわれるもので、一定の段階で保有している株数に応じて株数を付与するというものです。つまり100株を保有しに株価を半分にする場合には現在の発行している株数と同等数を新規に発行し保有している株主にその新しく発行した株を割り当てるというものです。メリットは1株あたりの価格が下がるので流通しやすくなるという点です。近年はあまり見かけなくなった手法ですが、成長段階にある銘柄で多く行なわれ最近ではオリエンタルランド分割がありました。
一方で株価の下落をする場合にはリバウンド狙いの買いが入るのが一般的でそこを狙うケースもあります。イオン下落の場合には、イオンそのものの経営体力を鑑みればリバウンドする可能性が高いため上手く見定めることで利益を得ることができます。
典型的な仕手株としては萩原電気があります。取引の出来高が少なく近年は株価も2000円台を行き来しており、仕手のタイミングを狙うことで利益を得ることができます。